IoTへのキャリア構築が可能

IoTが台頭する世の中になってきた影響を受けて、組み込み系エンジニアの需要が高まっています。
組み込み系エンジニアになった将来設計をしていこうという人が目標に掲げることが多くなったのが、IoTエンジニアになるためのキャリア構築です。組み込みをする上でネットワークの活用を意識しなければならなくなっているのが現状であり、ただプログラミングができて個々の機器に合った設計が行えるだけでは将来性に不安を抱えざるを得ません。

IoTの活用の幅も着実に広がってきていることから、ネットワークについての十分な知識を獲得して次のキャリアとしてIoTエンジニアを想定する傾向が強まっています。ネットワークエンジニアが組み込み系の知識を付けるよりも比較的容易な道であり、多くの知識と経験を積んできた人であれば達成しやすいキャリアパスです。プログラミングに生かせるレベルで知識をつければ十分という考え方での目標設定をすることが多く、開発現場ではネットワークエンジニアと協力して開発を行えることも念頭に置いてキャリア構築を行っている人が増えています。
専門分野が異なると意思疎通が難しくなるのはIT業界の悩みの種ですが、それに支障がない程度に互いの分野を理解しておかなければIoTの開発現場では働けません。組み込み系のスキルを磨いて実績を作りつつ、特にネットワーク関係の知識を深めておくことがIoTエンジニアになるために重要な要素なのです。組み込み系エンジニアがIoTエンジニアとして活躍できる、ということは参考情報にも書かれており、このHPは組み込み系エンジニアから違う職種へキャリア構築を考えている人にとっても役立つことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です