転職をすると気づく専門性の高さ

IT業界では給料の向上や職場の働きやすさ、あるいはキャリアアップを目指して転職をすることがよくあります。
転職によって新しい職場で働き始めると、それ以前に働いていた職場とのギャップを目の当たりにして対応に苦労することは珍しくありません。その状況は職種によっても異なりますが、組み込み系エンジニアはあまりに大きなギャップに苦悩することもよくあります。

組み込み系では企業で扱っているハード面について理解し、そのハード面に合っているプログラミング言語を選んでソフト面を設計するというのが基本です。よく扱っているハード面には構造的にも共通点が多いため、選ぶプログラミング環境もいつもほぼ同じで十分であり、設計の際にも基本的な形が整えられているでしょう。それが当然のようになってしまうことが多いものの、転職して別の職場にいくとハード面もソフト面も大きく異なっているという現実に直面することになります。
たとえ完成された製品としては同じ系列であったとしても、ハード面の設計が違っているのでソフト面もそれに応じた形で作り上げられているのです。自分が勤めていた企業の仕様に対して特別な専門性を持っていたと気づくことになるでしょう。現場ごとに基本を学び直さなければなりませんが、基礎はできているので短い期間で仕事はできるようになります。しかし、同じような仕事をするつもりで新しい職場に転職してしまうとギャップへの対応に苦労することは多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です